So-net無料ブログ作成
眼・視力 ブログトップ

乱視が矯正されていないと、文字を見るのがつらい…。 [眼・視力]

DSC_1453.JPG

いつもは遠近両用のハードコンタクトレンズをつけていて、ハードレンズは乱視も矯正してくれるのだが、緊急時用(ハードレンズを割ったとか失くしたとか)のために、1日用の遠近両用ソフトコンタクトレンズを購入してある。
まあ、緊急用であれば、乱視が矯正されなくても仕方がないか、ということで。

明日からの遠出に備えて、慣れるためと思い、今日はそのソフトレンズをつけてみた。
旅行中に万が一の事態になったときのために、ソフトコンタクトレンズを持参するつもりなので。
場合によったら、ハードレンズは持たずに、全部ソフトでもいいかなと、試してみるために。

とりあえず、生活にも、運転にも、テレビを見るのにも困らないけど、あー、文字を見るのはつらい。

新聞を読むのも、スマホを見るのも、こうしてPCの画面を見るのも、なんか、すっきり文字が見えなくて、疲れるのだ。
文庫本を読むのもつらいだろうなあ。
半分「活字中毒」の私は、街を歩きながらもついつい看板の文字に目がいってしまうぐらいなので、文字が読めないのは、けっこうつらいかも。

やっぱり、普段使うのは、ハードコンタクトレンズがいいなあ。
ソフトコンタクトレンズは、装着感がほとんどないから、目は軽いんだけど、乱視が矯正されないのはあんまり楽しくない。

眼科医から購入したソフトコンタクトレンズは、32枚入りなので、あと31枚ずつある。
使用期限は、2021年までなので、まだだいぶ先まで使えるけど、「万が一」のときにしか使わないとすると、期限までに使い切るのか?

なんか、ほとんど無駄になっちゃいそうなので、万が一じゃない時でも、文字を読む必要がなさそうな日に、せっせと使うことにしよう。
…。文字を読まない日なんてあるのか?




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

遠近両用ソフトコンタクトレンズお試し中 [眼・視力]

fd401047.jpg

10年以上前から遠近両用のコンタクトレンズを使用していて、毎年1回新品のレンズに交換してくれて、割れてしまった場合にも無償で新しいのに取り換えてくれるという、とてもありがたいシステムを利用しているんだけど、手持ちは1組しかないので、万が一出先で割れたときとか、眼の調子が悪くなったときなどは、眼鏡を使うしかない。
しかも、眼鏡は、近視用のみ。遠近両用をつくろうとしたら、眼鏡屋さんに「今までコンタクトしか使っていなかったんなら、遠近両用のメガネをかけると気持ち悪くなるよ。」と言われたので。
まあ、本を読んだり手元を見るときは、眼鏡をはずして裸眼で見ればいいんだけどね。(^^;)

でもねえ、眼鏡をかけると、物の大きさが小さく見えるし、視界の真ん中はちゃんと見えるけど、周囲は弧を描いたみたいに歪むので、階段の上り下りがちょっと怖かったり、眩暈がしたみたいになって、都合が悪いんだよね。

というわけで、スペアのコンタクトレンズがあるといいなあと思っていたので、今回のリニューアルの折に眼科で相談してみた。

スペア用に備えるには、1日だけ使える使い捨てのソフトコンタクトレンズがいいんだろうけど、ソフトコンタクトレンズだと、乱視は矯正できないけど、万が一の備えの為なら、乱視が矯正されていなくても、車の運転ができて、手元も不自由なく見られるなら問題ないのかなあ。

ワンデイコンタクトレンズを購入するためには、裸眼での視力検査を念入りにやって、3回分のお試し用を渡してくれて、3回目を装着している状態で、さらにもう一度視力検査をし、同意書に署名捺印したものを提出してから、購入という運びになるそうだ。

ということで、昨日から、遠近両用ソフトコンタクトレンズを装用中。

昨日は、装用したままで仕事に行ってみたけど、車の運転は問題なく、生活には特に支障がないなあと思ったんだけど、仕事を始めて、PCの画面を見るのは何とか大丈夫だったんだけど、紙の文字を見るのがきつい。
乱視が矯正されていないせいなのか、文字が何重にもぶれて見えるし、疲れる。
乱視って、こんなに辛かったんだっけ?
仕方なく、洗面所でいつものハードコンタクトレンズに取り換えて、仕事続行。

本日は、朝からソフトコンタクトレンズで過ごしている。
2時間ほど、紙の印刷物を見ることがあったけど、昨日ほど辛くなかった。
文字の大きさが昨日ほど小さくなかったからか、もしかしたら、眼の方が慣れた?
とりあえず、20時過ぎたけど、何とか大丈夫そう。
文庫本を読もうと思ったら、ちょっと疲れそうだった。
文字を見るときは、やはりハードの方がよさそうだね。

明日が3日目なので、ソフトレンズをつけたまま、眼科に行くことになっている。
お試しを3日間やってみて、購入するかどうかを決めればいいわけだけど、まあ、乱視は矯正しきれなくても、万が一の備えとして、旅行に行くときの用心のために、購入しておいた方がいいかなあと。

それにしても、ソフトコンタクトレンズって、ほとんど装用感がないっていうのがわかった。
コンタクトレンズ使用歴は、かれこれ30年以上になるわけだけど、何しろ乱視なもんだから、最初からハードしか使ったことなかったもんで。

なるほどなあ、これじゃあ、付けていることを忘れて、そのまま寝ちゃうっていう人もいるわけだね。

でも、付けたり外したりは、ハードコンタクトレンズの方が断然簡単。
レンズをつけたまま、目薬を差すのも自由だし。

ソフトコンタクトレンズは、軟らかくて取り扱いが難しいし、すぐにひっくり返っちゃうから、裏表を確認してから眼につけるなど、装着するのに少々時間がかかる。

ハードもソフトも一長一短があるんだねえ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
眼・視力 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。